本文へスキップ

Crestron® Mercury™
Crestron® Mercury™は、会議室を今まで以上に効果的なコラボレーション空間に変えます。必要な会議機能備えており、様々なデバイスと組み合わせることで、場所を選ばずコンテンツを共有することができます。優れた全二重オーディオとオプションのHDビデオは、すべての参加者に満足していただくミーティングの場を提供します。  
Voice Calling & Audio Conferencing
Mercury™は、主要なSIP対応電話システムと完全互換性であり、全ての機能を備えたVoIP会議スピーカーです。大容量のHDカラータッチスクリーンをを搭載しており、操作・通話を簡単かつ直感的に行うことができます。Mercury™は社内ディレクトリアクセス(LDAP)は、顧客の集中管理されたディレクトリにアクセスし、ワンタッチダイヤルを可能にします。 Bluetooth®を使用する携帯電話とMercury™をペアにして電話をかけたり、進行中の通話に途中参加することも可能です。Mercury™は、個人的な電話を、エコーのないクリアな音声と電話の開始と終了、音量の調整、ミュート、およびMercury™のタッチスクリーン上の発信者IDの表示機能を備えた全室オーディオ会議に即座に変換します。Bluetooth対応の電話機はタッチスクリーンに自動的に表示され、ボタンを押すだけですぐに接続できます。 ラップトップコンピュータをUSB経由で接続すると、ラップトップで実行されているソフトフォンアプリケーションのオーディオパフォーマンスが向上します。 Mercury™デバイスの上にあるミュートバーをタップするだけで、マイクをミュートすることができます。超高輝度のインジケータにより、ミュートの状態が部屋全体にはっきりと見えるようになります。

BYOD マルチメディアプレゼンテーション
HD出力を持つバイスをMercury™のHDMI®に接続することにより、BYODソースからあらゆる種類のマルチメディアを簡単に表示することができます。[1] 内蔵のAirMedia®ゲートウェイを使用すると、ラップトップ、スマートフォン、またはタブレットデバイスのコンテンツをルームのWi-Fi®ワイヤレスネットワーク経由でワイヤレスでプレゼンテーションすることもできます。もちろん有線LAN接続もサポートされています。[1] あらゆるAVソースをHDMI経由で接続することで、フルモーションのHD 1080p60ビデオを室内ディスプレイに表示し、Mercuryの高性能スピーカーで忠実度の高いオーディオを再生することができます。[1] MercuryはUSBオーディオデバイスのように動作し、ノートパソコン上で動作するすべてのタイプのマルチメディアアプリケーション用のスピーカーおよび、またはマイクロフォンとして使用することもできます。

ビデオ会議とWebコラボレーション
Mercury™は、Skype®for Business、CiscoWebEx®、GotoMeeting®、Slack®、または他のWeb会議やUCアプリケーションを実行するラップトップに接続するだけで、あらゆる空間をビデオ会議室に変えることができます。[1] ノートパソコンをUSBで接続し、Mercury™はUSBカメラを使用して部屋全体を精細に表示します。

音質
Mercury™の先進的な設計は、優れたオーディオ音質は自然な会話を促進します。360°クワッド・マイクロホン・アレイは、テーブルの各座席で声を正確に捉えます。その高性能フルレンジスピーカーは、音声とプログラムの両方の素材に豊かでリアルなサウンドを広げます。Limes Audio TrueVoice™AECテクノロジは、エコーやノイズを邪魔しない透過的な全二重性能を実現します。広帯域オーディオコーデックのサポートにより、フルスペクトラムの双方向音声通信が可能になります。

柔軟性
マーキュリーのユニークな傾斜した形状が魅力的であり、ただ目立たないだけではありません。それは機能的でもあり、テーブルの中央にMercury™を設置しても違和感がないデザインになっております。大規模で使用される長いテーブルではMIC PODSを追加すれば簡単にマイクを追加することでます。各マイクポッドには、リモートミュートボタンとインジケータがありますので、本体が遠くても簡単にミュート操作することが可能です。[2] さまざまなアプリケーションと予算に対応できるように、複数のMercury™モデルが用意されています。ベースユニット(CCS-UC-1)は、完全なSIP VoIPスピーカフォン、Bluetooth、およびUSBオーディオ機能をサポートしています。ビデオパッケージ(CCS-UC-1-AV KIT)は、マルチメディアプレゼンテーションとビデオ会議の機能を追加し、USBカメラを搭載しています。どちらのモデルもPoE +を使用して電力供給が可能で、各バージョンには100-240Vユニバーサルパワーパック(CCS-UC-1 W / PS KITおよびCCS-UC-1-AV W / PSキット)も付属しています。さらにすべてのモデルには必要なすべてのケーブルが付属しています。[2]

HDカラータッチスクリーン
高精細タッチスクリーンは、Mercury™が簡単に全ての人が使用できるようになり、ダイヤルか通話への応答、連絡先を探して部屋のスケジュールを管理する、またはモバイルデバイスを接続し、制御します。フルカラーのユーザーインターフェイスにより、迅速なアクセスと直感的な操作が可能で、部屋から部屋まで一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。

システムの統合
マーキュリーは、Mercury™はシームレスな部屋のスケジューリングおよび自動化を可能にするには、Microsoft ExchangeServer®、クレストロンFusion®クラウドと連携することが可能です。マーキュリーは、スケジュールされた会議情報を画面上で確認することが可能です。ミーティングが進行して、残りの時間だけではなく、次に予定スケジュールも表示します。タッチスクリーンカレンダーアプリケーションを使用すると、現在の会議を延長することも、新しい会議をスケジュールすることもできます。 Mercury™はまた、独自の動きと声の検出の組み合わせを(特許出願中)使用して、部屋占有状態をを検出します。内蔵されたパッシブ赤外線検出器は、タッチスクリーンの前に誰かがいるときに最初に感知し、部屋の誰かが話している限り、部屋の占有状態を維持するために音声活動が使用されます。占有量の検出には、システムを自動化し、省電力だけではなくスケジュールされた会議に誰も表示されない場合には、カレンダー上の会議室を利用できるようにするなどさまざまな利点があります。
管理およびセキュリティ
Mercury™は、理想的には、任意のサイズの企業、大学、医療、軍事、または政府施設全体大規模展開のために装備、エンタープライズグレードのアプライアンスです。クラウドベースのプロビジョニングにより、ハードウェア配信に先立って完全なネットワーク構成が可能になり、インストール後にタッチレスのアップデートが可能になります。デバイスは、コンピュータのWebブラウザを使用して個別に設定することもできます。Crestron Fusion Cloud管理機能は、部屋や機器の使用状況の監視とロギング、および集中ヘルプデスクのサポートを可能にします。高度なセキュリティ機能には、802.1x認証、Active Directory資格情報管理、LDAPディレクトリ管理、SRTP、SSH、TLS、HTTPSなどがあります。デュアルLANポートを使用すると、VoIPまたはAirMediaトラフィックをセカンダリネットワーク上で隔離することができ、802.3at PoE +との互換性により、Mercury™にプライマリLAN接続を介して電力を供給することができます。[2]


Notes

1,CCS-UC-1-AV KITおよびCCS-UC-1-AV W / PS KITモデルでのみ有効です。

2,システムはPoE +を使用して電力を供給することができます。CCS-UCA-MICマイクポッドが接続されています。最大2つのマイクポッドのサポートを有効にするには、システムに応じて必要な電力を供給する必要があります。
PW-2420RUの(別売またはモデルCCS-UC-1 W / PSキットとCCS-UC-1-AV W / PSキットに付属のパワーパック)。

3,HDMI接続には、DVIまたはデュアルモードDisplayPort信号に対応するための適切なアダプタまたはインタフェースケーブルが必要です。CBL-HD-DVIのインタフェースケーブルは別売です。 この製品は、認定されたCrestron販売店または販売店から購入することができます。

4,この製品は、タッチスクリーンディスプレイ部分を除いて、Crestron標準の限定保証の対象となります。

特定のCrestron製品には、オープンソースソフトウェアが含まれています。具体的な情報については、www.crestron.com/opensourceをご覧ください。 Crestron、Crestronのロゴ、Airmedia、Crestron Fusion、Mercury、およびPinPointは、Crestron Electronics、Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。Bluetoothは、米国およびその他の国におけるBluetooth SIG、Inc.の商標または登録商標です。Cisco Webexは、米国およびその他の国におけるCisco Technology、Inc.の商標または登録商標です。GotoMeetingは、米国およびその他の国におけるCitrix Online、LLCの商標または登録商標です。Microsoft Exchange ServerおよびSkypeは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。HDMIおよびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。TrueVoiceは、米国およびその他の国におけるLimes Audio ABの商標または登録商標です。Slackは、米国およびその他の国におけるSlack Technologies、Inc.の商標または登録商標です。Wi-Fiは、米国およびその他の国におけるWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。本書では、その他の商標、登録商標、および商標名を使用して、マークおよび名称を主張する主体またはその製品を指すことがあります。クレストロンは、他者の商標および名称に対する所有権を放棄します。Crestronは、タイポグラフィーや写真の誤りについて責任を負いません。仕様は予告なしに変更されることがあります。©2017 Crestron Electronics、Inc.