メニュー 閉じる

社会的責任

Crestron Electronics, Inc.では、社会的責任を強く受け止めています。リソースを節約し、お客様の二酸化炭素排出量を削減することを目的とした多くのエネルギー効率の高い製品を提供しています。私たちは、お客様のニーズを上回り、環境に利益をもたらす優れた製品と最先端のテクノロジーの提供に努めています。製品カタログをご覧になるか、販売店にお問い合わせください。当社の無数のエネルギー効率の良い製品と、それらがお客様にどのように役立つかについての詳細をご覧ください。

Orbis Flying Eye Hospital

orbis

 

 

「クレストロンの技術が多くの教育機関の背景にあり、そしてその機関に変化をもたら すことができることを誇りに思います。 Crestron CEO Randy Klein

クレストロンの創設者ジョージ・フェルドスタインと妻のリンダは、ウィスコンシン州オシュコシュの航空ショーでフライングアイ病院(教育病院に改造された飛行機)に出会ったときに初めてオルビスについて学びました。パイロットであり航空愛好家でもあったフェルドスタインは、飛行機内の手術室に感銘を受けました。

そしてクレストロンの技術がどのようにこのミッションを進めることができるかをすぐに閃きました。

Orbisは、発展途上国のコミュニティで適切な目のケアを提供し、失明を防ぐことを使命とする非営利の人道主義組織です。

彼らのフライングアイ病院は視力を失う危険がある患者を治療するために、世界中の医療が行き届かない地域に移動し医療を提供しています。そして医療スタッフが離れた後も現地の医師がケアを提供し続けることができるように、飛行機内の教室で発展途上国の医師の訓練を行っています。

Crestron2016年に発表された第3世代のフライングアイ病院への30万ドルの技術とサービスの寄付を行い、失明を防ぐというミッションでOrbisを支援しています。

その内容はCrestronDigitalMedia™テクノロジーにより、機内にある手術室から教室に高解像度の非圧縮オーディオおよびビデオを送信し常に学べる環境を提供しました。

 2013年に始まったCrestronOrbisとのパートナーシップは、創業者George Feldsteinの情熱プロジェクトでした。現在、彼のビジョンのおかげで、フライングアイ病院は世界中の人々に変化をもたらしています。「当社のソリューションが、この教育施設の成功に大きな影響を与えていることを嬉しく思います」とクレストロンの会長兼COOであるダン・フェルドスタインは述べています。「フライングアイ病院に寄贈したシステムは、企業市場および住宅市場で行ってきた作業を順守しており、このような重要なミッションに参加できることを非常に誇りに思っています。」

「クレストロンの非常に寛大な寄付により、飛行機の教育能力を高めることができます。彼らの技術により、私たちが考えもしなかったレベルのコラボレーション、コミュニケーション、学習が可能になりました」と、Orbis社長兼CEO